1. トップ
  2. MEET GUAM
  3. 「知る」の記事一覧
  4. 夏休みは家族でグアム旅行!子連れで飛行機に乗るときに知っておきたいポイント
  • INFORMATION

夏休みは家族でグアム旅行!子連れで飛行機に乗るときに知っておきたいポイント

ライター
寅ママ(とらまま)
家族
友達
恋人

グアムは日本から3時間半で到着するアメリカ。アメリカの中では治安は非常によく、子ども連れでも安心な地域です。英語にふれさせるために家族で訪れる旅行者も多く、ファミリー向けの海外旅行先として大人気です。

また、一年中暖かな地域であることから、セーターや長袖シャツなど厚手のものが荷物とならず減らすことが可能な地域です。お子さん連れにはぴったりな旅行先なのです。

お子さんを連れてはじめての海外旅行を楽しくスタートさせるために、飛行機搭乗に関しての工夫についてまとめました。

登場前のポイント〜事前予約サービスなどを使おう

20190708_002.jpg

小さなお子さん連れの家族のために、航空会社それぞれに搭乗にさいしてのサービスがあります。

利用する航空会社のサイトにて確認しておきましょう。

事前予約が必要なサービスも多いですが、利用することで助かることが多いと感じます。

搭乗前に利用できるサービス

例えば、案内スタッフがついてくれたり、ベビーカーの貸し出しもあります。

利用するお子さんの年齢や、家族の人数も関係したりしますので、利用する航空会社のサイトにて確認ください。

20190708_003.jpg

優先搭乗は知っておこう

3歳以下のお子さんを連れている場合(各航空会社によって設定が違うことがあります。)や、2名以上の子どもを一人の保護者が連れている場合など、優先的に先に飛行機に案内するサービスがあります。

チケットカウンターで優先搭乗が可能であるかどうか確認しておくと安心でしょう。

該当しない可能性があっても、3歳以上のお子さんを複数連れていたり、何かしらの介助が必要な場合は、気を使うことなく、スタッフやチケットカウンターで申し出ておきましょう。

空港の安全のためにも配慮してもらいましょう。

子ども連れの優先登場のときに、先に乗ったからといって、みんなが座るまで子どもを我慢させ座っている必要はありません。

荷物などを早めに席に入れて、全員の搭乗を待つ間、邪魔にならないところで、子どもをあやしておきましょう。

一度、飛行機の乗り込み口に戻って子どもをあやしてもいいでしょう。

周りを気にしすぎて我慢しなくて大丈夫です。子ども優先で動きましょう。そのための優先搭乗なのですから。

実際に、3歳のお子さんと1歳の赤ちゃんを連れたお母さん一人の搭乗の場合、荷物や、3歳のお子さんの安全など、案内スタッフの利用はとてもありがたいものになります。安全のためにもぜひ利用しましょう。

子供連れに楽な席を選んでおく

トイレに行きやすい、泣き始めたときすぐに通路に出やすいことを考えると、通路側に面した場所をとりましょう。

窓際の景色は初めだけで、子ども達は飽きてきます。出入りがしやすい通路側を取る方がよいでしょう。

また、席をしていた後でも、チケット発券の際に、子どもが座る席の前に誰もいないところが空いていないか確認しておくのもよいでしょう。

子どもは、足がぴんぴんと動いてしまいます。前の席にあたってしまうこともありますので、誰も座っていない席が前にあれば、迷惑をかけることもないでしょう。

大人の家族が複数いる場合は、お母さんが子どもの横で、お父さんが前の席を選ぶという方法もあるでしょう。

キャビンアテンダントの給仕場や、トイレが近いところをとる方法もよいでしょう。

いざというときにスタッフが近いと助けてもらえることが多いでしょう。

搭乗後に受けられるサービス

20190708_004.jpg

こちらも事前予約必要なりますので、サイトでしっかりと調べておきましょう。

それぞれ航空会社によって違いがありますが、例えば、10キロ以下の赤ちゃんですと、飛行中赤ちゃんベット(コット、10キロ未満)の利用が可能だったり、お子様用の食事が予約できたり、最近ではアレルギー対策された食事が選べることもあります。

基本的には子どもや赤ちゃん向けの食事を予約した場合、早く配膳されます。

子どもが飽きがこないうちに食事をとれる、または、お家の人と重ならずに食事がとれることも狭い飛行機の中ではとても役に立つでしょう。

また、思った以上にオムツを利用してしまった、ミルクが足りないという場合には、数にかぎりがありますが、準備されています。困ったときはキャビンアテンダントに相談しましょう。

飛行中に子供を寝かせるポイント

・利用する時間帯を選ぶ。

眠るタイミングの時間帯にくるような運行時間を選ぶことも一つの策です。

ですが、いつもと違う環境で、興奮することのほうが多い可能性も高いですね。

・思い切り遊ばせておく。

飛行機に乗る前に、空港にプレイグランドが準備してあることもあります。

ギリギリまで体を動かすようにして、飛行機の中ではお昼寝の時間になるというのも良いでしょう。

・眠って欲しい時間の前に食事を摂らせる。

飛行機に乗った後にしっかりと食べさせることもよいでしょう。

海外旅行はグアムまで3時間半とはいっても、子どもにも親にも大きなイベントです。

食事内容にこだわって残してしまうより、持参した好きなものを喜んでしっかり食べてもらうことも、動けない環境の中で平和に到着するための工夫であるとも言えます。

おなかがいっぱいになると眠くなる可能性も高くなりますので、お家の人が柔軟に対応する必要してみてください。

・窓際ではない席を選ぶ。アームレストが上がる席を選ぶ。

窓際は思った以上にまぶしいことがあります。窓際以外を選ぶと寝かせやすいでしょう。

そして、座席によってはアームレスト(ひじ置き)が、上がらない席が作られています。飛行機によって違うかと思いますが、足元の広い一番前の席などです。

上げることができれば、子どもが寝るときに、アームレストを上げ横にさせることも可能になりますので、利用の仕方によっては、前が広いほうがいいか、横倒しに寝かせるほうがいいか選択するとよいでしょう。

機内中のトラブル− 泣いてしまったら

20190708_005.jpg

赤ちゃんで多いのは、鼓膜の痛みということが多いそうです。大人と同じで、何かを食べたりすることで抜けやすいので、お菓子や飲み物などを取らせるとよいでしょう。

キャンディーや、するめなど、長くよだれが出るものを選ぶとたくさん量をとらせなくてすむでしょう。実際私の子どもも、何をしても泣き止まず1時間金切り声で泣いたことがあります。

飲み物もミルクも何も受け付けず。。耳の痛みだったようです。

後から、医師から事前に酔い止めや、鼻づまりを減らす薬事前に飲ませるのも苦しい思いをさせない方法と言われました。耳鼻科にかかっているお子さんなどは事前に相談しておきましょう。

3時間半といえ、一つの席に座っていうことは子どもにとっては過酷です。機嫌が悪くなる可能性もあります。通路を散歩したり、広い場所に移動して床で遊んだりさせましょう。

キャビンアテンドの人たちに相談すれば相手をしてもらえたり、本やオモチャを貸してもらえます。一人で抱え込まず、相談しましょう。

泣きを予防するため事前に準備しておくと良いもの。

□ 時間をかけながら食べることができるお菓子。(キャンディーなど)
100円ショップなどのオモチャ(旅行先で荷物になったとき捨てられるものだと楽でしょう。)
子どもが好きなオモチャや、ゲーム、本など。
、静かに楽しめるのでしたら我慢させずにDVDやゲーム、動画。

乗り物酔いしてしまったら

吐く可能性があるので、大きめの袋を事前に準備して飛行機に乗りましょう。袋を準備して楽な姿勢をとらせましょう。氷などを口に含ませるとおさまることもあります。

キャビンアテンダントに氷を頼んで持ってきてもらいましょう。

実際は、よってしまったあとではなかなか対応が難しいのが現状です。酔いやすいお子さんは酔い止めをしっかり飲ませて起きましょう。

酔いやすい赤ちゃんは旅行前に小児科に相談してお薬があるようでしたら処方してもらいましょう。きついのはせっかくの旅行が台無しです。お薬に頼ることも楽しむための大事なポイントです。

キャンディーを口に含んでいたり、音楽を聞くこともよいでしょう。機内で配布されるイヤホンは子どもの耳に合わない事もあります。

持参してきてもよいかもしれないですね。その場合、差込口の種類を調べて起きましょう。

機内に持っていっておきたい持ち物

20190708_006.jpg

□ 酔い止め(酔った後でも効果が現れる種類)
□ 大きめのビニール袋(吐く場合に顔が覆えるような大きさ)
□ 子どもの好きなお菓子(長く口の中に入れておけるものだとよいかもしれないです)
□ 赤ちゃん用にはミルク
□ オムツ(ジュースをこぼしたときなどにもふき取りにつかえます)
□ 薄手の着替え
□ 音の小さいおもちゃ、ゲーム、タブレット
□ 必要なお子さんはイヤホン

飛行機の中を快適に過ごして、疲れも少なく旅行をスタートさせてくださいね。

そして、思いっきり海外旅行を家族で楽しめるとよいですね!

この記事のライター
ライター
寅ママ(とらまま)

グアム在住。男の子二人を現地の学校に通わせながら、犬2匹とともにグアムにどっぷりつかって生活しています。肌のことを考えた人用・犬用のグアム産石鹸製造をしています。そんな毎日は「寅ママグアムブログ」にて公開しています。

おすすめ記事一覧
グアム行きの飛行機はどう選ぶ?お得に旅行を楽しむフライト知識を紹介
グアム行きの飛行機はどう選ぶ?お得に旅行を楽しむフライト知識...
INFORMATION
子連れのグアム家族旅行のホテルに、レオパレスリゾートがおすすめな10の理由
子連れのグアム家族旅行のホテルに、レオパレスリゾートがおすす...
INFORMATION
夏休みは家族でグアムに行こう!旅費の予算や安く行くポイント
夏休みは家族でグアムに行こう!旅費の予算や安く行くポイント
INFORMATION

Who are you going with ?

グアム旅行に誰といく?

家族
FAMILY
友達
FRIENDS
恋人
PARTNER