1. トップ
  2. MEET GUAM
  3. 「知る」の記事一覧
  4. グアムの治安情報を押さえよう!旅行を安心安全に楽しむためのポイント
  • INFORMATION

グアムの治安情報を押さえよう!旅行を安心安全に楽しむためのポイント

ライター
寅ママ(とらまま)
家族
友達
恋人

グアムは、日本から飛行機3時間半ほどで到着するアメリカ。時差もたった1時間。治安もアメリカの中では非常に良い地域といわれます。

ですが、日本の常識は海外とは少し違っている部分もあり、そのときの治安状況は刻々と変わっています。

そこで、本日はグアムの治安と、グアムを楽しく旅行するための情報を紹介します。

グアムの治安

比較的安全な地域で、朝早い時間から、地元の人たちはランニングをしていおり、ホテルロードなどホテルが隣接する地域は夜も遅くまで明るく賑わっています。

グアムに9年住む私自身も、24時間営業のスーパーやガソリンスタンドに夜中に買出しにでかけることもあります。

ただし!基本グアムは車社会です。地元の人が夜遅い時間に外を歩くということはありません。その点は日本とは全く違いますのでご注意ください。

20180917_002.jpg

グアムで旅行者が巻き込まれる犯罪の多くは旅行者から金銭を奪う強盗また、観光地から外れ、ローカルエリア(地元の人が生活する地域)で脅される事例、どれも、人通りの少ない時間帯や場所で起こることが多いです。

地元の人の間で最近多かったのが、スーパーの駐車場に車を止め、買い物から戻ると、「あなたの車から煙が出ていたので、私が修理してあげましょう。」と車を修理するふりをして高額な金額を請求する詐欺です。

英語が通じる旅行者でしたら、地元の人と同じような内容の詐欺に巻き込まれたりすることもあり、旅行者のレンタカーが狙われることもあるので注意しましょう。

壁画地区に注意

20180917_003.png

Powwowといわれる「寂れた地域のビルの壁を、世界レベルのストリートアーティストが美しい絵で彩り、地域の活性化に役立てる」というようなイベントが世界各国いろいろな都市で行われています。

このイベントによって、それまで治安の悪かった地域の壁が美しく彩られ、インスタの撮影場所や、観光ポイントに変わっています。

20180917_004.jpg

しかし、残念なことに、最近他の州で、この美しい壁画を撮影しにいった人たちが暴行される事件が増えています。

とても美しい壁画が見れる場所で、行きたい気持ちは分かりますが、念のため、ひと気のない時間に近寄るのは避けましょう。

在ハギャナ日本国領事館」にも情報がのることがあるので確認してみてください。

こうすれば大丈夫!旅行中に気をつけるポイント

ここでは、グアム旅行中に気を付けるポイントを紹介します。

見知らぬ人についていかない

良い人か悪い人かの判断は、最終的には自己責任のため、見知らぬ人についていくのは危険です。

とくに言葉巧みにどこかへ連れて行こうといく人には要注意。安易についていくのは避けましょう。

公共トイレは使わない

海外の野外にある公共トイレは、場所によっては地元の人も利用しないことも多いほど、危険です。

グアムでも、地元の人が公園のトイレで強盗に暴行を受けたという話を2年に1度耳にするほどなので、公共のトイレは使わないようにしましょう。

貴重品は必要最小限に

ビールやタバコを買う場合は身分証明書がいるため、パスポートが必要になりますが、観光などでは持ち歩かないようにしましょう。

銃を向けられたら抵抗しない

グアムでは滅多にありませんが、万が一、銃などを向けられた場合は、抵抗してはいけません。

お金を渡し身の安全を最優先にしましょう。

警察にとめられたら指示されるまで動かない

警察にとめられた場合は、懐などに手を入れずに、提示したいものがあれば、ポケットなどを指差し、取り出していいか確認してから手を動かしましょう。

(レンタカーで警察に止められた場合は、すぐに車のドアをあけてはいけません。窓をあけ、警察が出てくるように指示されたら出ましょう。地元の人たちは、車に座ったまま警察の支持を仰ぐのが通常です。慌てて外にでると警察に疑われることもありますから注意しましょう。)

お役立ちサイト

MOFA外務省海外安全ホームページ

20180917_005.png

旅行が決まったら、その地域の治安について事前にしっかり調べていくと安心でしょう。

外務省が発表しているMOFA外務省海外安全ホームページというものがあります。

随時更新されていますので確認しておきましょう。

20180917_006.png

地域別での危険度を色であらわしている「国・地域別の海外安全情報」もあります

2018年7月17日現在グアムは、警告の色がついていない安全地帯と表現されています。

ネイバーウオッチ

20180917_007.png

グアムの地元の人たちがそれぞれ住んでいる地域の住民でセキュリティーを守るネイバーウオッチというワッツアップ(アメリカのLINEのようなSNS)メッセージを利用したセキュリティーチャットがあります。

旅行者が登録することはできませんが、フェイスブックにNeighborhood Watch Program Guamがありますので、フォローしてチェックしておくと、最新の地元の犯罪情報がアップされていることもあり役にたつでしょう。

万が一被害にあってしまったときの対処方法"

万が一被害にあってしまった場合は、すぐに助けを呼びましょう!

グアムの人たちはとても優しいので「ヘルプミー」と騒ぐと必ず心配してくれるでしょう。そして、すぐに警察へ連絡をとること。グアムはアメリカの番号となりますので「911」をダイヤルするとつながります。

場所や時間、起こった内容などを話さなければならないですが、グアムの人たちは親切ですから、英語が苦手な場合、近くにいる人に電話をかけてもらうなど助けてもらいましょう。

注意点は、警察から、必ず手書きで番号を書いた紙をもらうことです。警察に情報がこの番号で届けられたという証明ですので、無くさないようにとっておきましょう。被害の届けを出す際に必要になります。

さいごに

いかがでしたか?

一年中常夏の島グアム。島の人々は温和で優しく親切です。

安全な地域を安全な時間に楽しむことで、グアムの島人の良さを感じて帰って欲しいと願っています。

ぜひ、治安を調べて安全な場所・地域・行動を考えて、楽しい旅行の思い出を作って帰ってくださいね。

この記事のライター
ライター
寅ママ(とらまま)

グアム在住。男の子二人を現地の学校に通わせながら、犬2匹とともにグアムにどっぷりつかって生活しています。肌のことを考えた人用・犬用のグアム産石鹸製造をしています。そんな毎日は「寅ママグアムブログ」にて公開しています。

おすすめ記事一覧
竜宮城の世界を気軽に体験!グアムで唯一の潜水艦「アトランティスサブマリン」
竜宮城の世界を気軽に体験!グアムで唯一の潜水艦「アトランティ...
ACTIVITY
レオパレス敷地内で楽しめる!「ジープツアー」で大冒険に出かけよう
レオパレス敷地内で楽しめる!「ジープツアー」で大冒険に出かけ...
ACTIVITY
グアムの海にバスでダイブ!観光も出来ちゃう水陸両用バスツアー「ライドザダック」
グアムの海にバスでダイブ!観光も出来ちゃう水陸両用バスツアー...
ACTIVITY

Who are you going with ?

グアム旅行に誰といく?

家族
FAMILY
友達
FRIENDS
恋人
PARTNER