1. トップ
  2. MEET GUAM
  3. 「知る」の記事一覧
  4. グアム旅行は準備万全?入国時に用意しておきたいESTAの申請方法
  • INFORMATION

グアム旅行は準備万全?入国時に用意しておきたいESTAの申請方法

ライター
Cottonwood
家族
友達
恋人

みなさん、グアム旅行の準備は進んでいますか?
日本に一番近いアメリカ、グアム。
何と2泊3日でも旅行が楽しめるんです!

でも、国際線の入国審査って面倒だと思いませんか? 
特にグアムのような短い滞在時間の旅行の時には早くホテルに着いて遊びに行きたい!
そんな時、面倒な国際線の入国手続きを簡単にしてくれるのがビザ免除プログラム(VWP) ESTAです。

ESTAとは

読み方はエスタ。Electronic System for Travel Authorizationの略、電子渡航認証システムのことで入国審査カードと同じ働きをします。

簡単に言ってしまうと、グアム入国に必要な入国書類(I-736)の書き込みが必要なくなり審査も簡略化されます。

グアム入国。ESTAは必要なの?

結論から言ってしまうと、グアムの観光にESTAは必要ありません。

グアムに観光や短期商用で入国する場合、ESTAは必要ありません。最大45日間の滞在となりますが、グアムの観光目的の方は45日で十分でしょう。

グアムー北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)を利用してI-736フォームを各自書いて提出すればESTAなしで入国できます。

0820_002.png

グアム政府観光局ホームページより)

グアムでESTAを申請するメリット・デメリットは?

0820_003.jpg

ESTA入国メリット

まずは、メリットですが、ズバリ、入国が簡単です

  1. 1.I-736の記入の必要がない
  2. 2.ESTA専用レーンが使える
  3. 3.国審査にかかる時間が短い

1.I-736の記入の必要がない

I-736の記入の必要がないので機内で映画やお食事、飲み物などをゆっくりと楽しむことができ、記入ミスの心配もありません。

2.ESTAレーンが使える

ESTAを持っている人たちはESTA専用レーンに行くことができます。

過去にESTAを使ってアメリカに入国した人はAPC(自動入国審査端末 キオスク)を使うことができるのでパスポートのスキャンや写真撮影、指紋の登録などを旅行者自身で行うことができるので更に入国が早くなります。

ESTAは2年間有効なので、2年以内にアメリカに旅行の予定がある人は摂っておくと良いでしょう。今回ESTA入国は初めてなのでキオスクが使えない人も次回アメリカに行くときはキオスクが使えるようになるので将来の事を考えると取っておくと便利ですよ。

3.入国審査にかかる時間が短い

このレーンに並んだ人たちの入国審査は簡素化されているので審査が早く済むので圧倒的にスピーディーです。質問も簡素化されているので審査官の英語の質問に戸惑ったりすることも少なくなります。

ESTA入国のデメリット

次に、ESTA入力のデメリットを見ていきましょう。デメリットは次の3点です。

  1. 1.お金がかかる
  2. 2.事前に申請しなければいけない
  3. 3.クレジットカード、コンピューターが必要

1.ESTAの申請には14ドルかかります。

2年間有効ですが、2年以内にアメリカに旅行や仕事の予定のない方はグアム旅行だけで14ドルかかることになります。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれです。

2.事前に申請しなければいけない

米国政府は72時間前までの登録を推奨しています。

理由は審査によって最終回答を得るまでに72時間かかる事があるからです。ただ厳しい規則があるわけではなく搭乗手続き前までに済ませれば渡航に問題はありません。

3.ESTAの申請はコンピューターでクレジットカードが必要。

コンピューターの苦手な方、クレジットカードを持っていない方などは旅行代理店やご家族に頼む必要があります。

ESTAの申請方法

0820_004.jpg

ESTAの申請はコンピューターを使って行います。

申請は、下記のリンクから申請を開始します。パスポート、クレジットカード、飛行機の便名、アメリカ滞在住所なども用意しておきましょう。

0820_005.png

ESTA公式サイト

日本語のサイトなので簡単です。ただし、記入はローマ字になりますので注意してください。いくつかの質問に「はい」「いいえ」で答えていきます。

※代理でESTA登録をする業者も多く、公式サイト以外からは、料金を多く取られますので注意が必要です。

ESTAがない時の入国審査

0820_006縮小版.jpg

グアム政府観光局サイトより)

ESTAがない場合は、機内で客室乗務員にI-736の用紙をもらって記入します。

書類自体は日本語版もありますが記入はローマ字でする必要があること、お子さんのいる人などは全員分書くのが少し面倒です。また間違った事を書いたりすると書き直しが必要だったり質問されたりと時間がかかってしまうことがあるので注意してください。

空港に到着後、ESTAのない人はESTA無しのレーンに行き審査員にI-736を渡して質問に答えますが、かなり列が長い事が多く、1時間くらい並ぶこともあるので忍耐が必要です。

審査では顔写真と指紋を取られ滞在期間、宿泊先などを聞かれますが、グアムの審査官の人は片言の日本語が話せる人が多いので審査自体は難しくありません。

ESTAがある時の審査方法

0820_007.jpg

まず、ESTAレーンに並びます。過去9年間にアメリカにESTAで入国した人はAPC(自動入国審査端末)を使って自分で入国手続きができるようになりました。現在グアム空港には8台導入されているようです。

日本語を選ぶことができるので操作は簡単、もし分からない場合でも、周りに係員がいるのでわからなければ教えてもらうことができるので安心です。

APCにパスポートを挿入すると自身で指紋の登録と顔写真の撮影し、出てきたレシートを持って審査官のところへ行けば入国審査終了です。

※以前ESTAで入国していない人、前回の入国からパスポートを更新した人はAPCが使えませんので、注意が必要です。APCを使わないESTAレーンに並びましょう。

混雑の時間帯

グアム空港到着時間を見てみると、夕方の到着17:00台前後が混み合っています。

この時間に到着便の人は入国審査が長蛇の列になる事が予想されるので注意してください。また連休、学校が休みの時期など、混雑期にグアムに旅行される方はESTAを申請した方が良いと思います。

まとめ

グアムの入国審査を簡素化するESTAプログラムについて説明させていただきました。グアムに限らず入国審査は楽で早いにこした事はないですよね。

みなさんのご旅行が楽しいものになりますように!

この記事のライター
ライター
Cottonwood

月の半分はアメリカ在住、残りの半分は世界のどこかに出没しています。米系航空会社の客室乗務員をしながらライターの勉強中。飛行機から降りてからもお客様の楽しいご旅行のお手伝いができたらと思っています。

おすすめ記事一覧
「ROSS」マジックにご注意!破格のお値段でお買い物ができるアウトレット
「ROSS」マジックにご注意!破格のお値段でお買い物ができる...
TOURISM
人気のあるおみやげは何?グアム「Kマート」をリサーチ
人気のあるおみやげは何?グアム「Kマート」をリサーチ
TOURISM

Who are you going with ?

グアム旅行に誰といく?

家族
FAMILY
友達
FRIENDS
恋人
PARTNER