1. トップ
  2. MEET GUAM
  3. 「知る」の記事一覧
  4. グアムvsハワイvsバリどこがおすすめ?子連れ親子向けおすすめリゾート比較
  • INFORMATION

グアムvsハワイvsバリどこがおすすめ?子連れ親子向けおすすめリゾート比較

ライター
200%グアム!
家族
友達
恋人

海外リゾートで人気が高い「グアム」「ハワイ」「バリ」。
ファミリーで行くにはどこがおすすめなのかを比較してみました。

長期休みにファミリーでリゾートに行こうと思っている方は参考にしてみてください。

渡航時間について

まずはグアム、ハワイ、バリの渡航時間をチェックしてみましょう。

グアムへの渡航時間

20180813_02.jpg

一番近いのはグアムで日本から直行便で3~4時間

3~4時間なら機内食を食べたり、少し遊んだりしているうちに過ぎてしまいます。
そのため、小さな子供でもなんとか乗り切れる時間といえるでしょう。

赤ちゃんなら飛行中ほとんどお昼寝してた、なんてことも。

最近ではグアムへの直行便の数が減ってしまいましたが、それでも成田空港では出発時間が朝から晩まで選択肢があるのは嬉しいですね。
フライトが選べれば、自分たちの都合に合わせることが出来るからです。
(ただし大阪、名古屋、福岡は午前発のみ)

ハワイへの渡航時間

20180813_03.jpg

人気のハワイは直行便で行きが6~7時間、帰りは9時間程度

さすがに赤ちゃんがずっとお昼寝している・・・というわけにはいきません。
授乳中の赤ちゃんであれば、必ず最低1回は飛行機内で授乳する必要がでてきます。

また、日本からハワイへの出発便はほとんどが夜
つまり夜中を飛行機の中で過ごして、ハワイに到着するのは朝ということになります。

大人だけでも飛行機泊は大変なのに子連れならなおさら大変ですよね。
ハワイは日本との時差が19時間もあり、着いたときには家族みんな時差ボケでぐったり・・・なんて可能性もあるので注意。

バリへの渡航時間

20180813_04.jpg

バリへの渡航時間は直行便であれば7~8時間
ハワイとそれほど変わりません。

ただし、直行便は成田、大阪のみ
名古屋や福岡からは必ず乗り継ぎ便を利用することになります。
乗り継ぎの場合は待ち時間などを含めるとどうしても渡航時間は長時間に。

ですが、バリと日本の時差はたった1時間(グアムも同じ)。
時差ボケの心配がないので、直行便が利用できればハワイよりはいいかもしれません。

航空便の多さ、渡航時間を考えるとグアムに軍配

渡航時間

グアム
★★★
ハワイ
★★
バリ
★★

物価・ツアー代など費用について

次に物価やツアー代などお金のことをチェックしていきましょう。

グアムでかかる費用

20180813_05.jpg

グアムは日本にほど近いですが、アメリカ領です。
そのため物価自体は日本と同じか少し高いくらいと思っておけば良いでしょう。

ただしチップ文化があるので、レストランでの食事は日本の1.5倍くらいとイメージしておいた方がいいかもしれません。
そうなると食事だけでも家族4人の場合、最低1日(朝、昼、晩)で1.5万円は確保しておきたいですね。

滞在中の費用はこの通り高めですが、逆にグアムのツアー代は安いことが多いです。
2018年7月に調べたところ、大手旅行代理店でランクの高いホテルのツアー選んでも、3泊4日で10万円以下のものがたくさんありました。

もちろん夏休みの長期休暇中など繁忙期にはツアー代も上がります。
それでも15万円前後で行けるツアーが多いですね。

格安ホテルでもよければ5万円以下のツアーなんてものがたくさんあるのも魅力です。

ハワイの費用

ハワイもグアムと同じくアメリカ領です。
なので物価はやっぱり日本と同じか、少し高いくらいですね。

またグアム同様にチップ文化なので、レストランでの食事は日本の1.5倍くらいと思っておきましょう。

そしてツアー代はグアムに比べると若干高めです。
大手旅行代理店でランクの高いホテルを選ぶと、3泊5日でだいたい11万円からとなっていました。

繁忙期であれば25万円前後まで上がる場合がほとんど。
格安ホテルを選んでようやく10万円弱といったところです。

バリの費用

前者2つに比べると物価が安いイメージのあるバリ島。
ここ数年、物価が上がってきてはいますが、日本に比べてもまだまだ安いです。

例えばローカルが利用するような食堂であれば1食あたり300~400円で食事ができます。

ただしホテルのレストランなど、海外からの観光客を相手にしている場合は日本と同じくらいの値段になると思っておいた方がいいかもしれません。

バリ島のツアー代金は3泊4日で5万円程度からと、比較的安めです。
だいたいグアムと同じくらいのツアー代金でも広大な敷地のリゾートホテルに宿泊できたり、多くのツアーではホテルの朝食が含まれていたりします。

予算だけで考えるとバリは滞在費もツアー代も安いのでおすすめと言えそうですね。

ツアー代金、滞在費はバリが一歩リード

費用

グアム
★★
ハワイ
★★
バリ
★★★

子供向け施設の充実度

20180813_06.jpg

「グアム」「ハワイ」「バリ」、どこも多くのファミリーがバカンスを楽しむリゾートとして人気です。

いずれもホテルではベビーベッドの貸し出しなど子供向けサービスが利用可能な場合がほとんど。
そして1年中、海やホテルのプールで遊ぶことができますし、ショッピングセンターでは子供が遊べるキッズパークも充実しているので、子連れで楽しめる渡航先と言えるでしょう。

ただし、注目したいのが医療設備。

グアムには旅行者向けの医療センターがあり、日本人医師・日本人スタッフが常駐しています。
そのため完全に日本語での対応が可能。
旅行先で子供の具合が悪くなってしまっても日本にいる感覚でお医者さんに診てもらうことができます。

グアム、ハワイ、バリともファミリー向けリゾートとしては◎

子供向け施設の充実度

グアム
★★★
ハワイ
★★★
バリ
★★★

治安情勢

20180813_07.jpg

「グアム」「ハワイ」「バリ」はリピーターも多い海外旅行先です。
そのためどこも比較的安全と言ってもいいかもしれません。

ですが、旅行者を狙ったトラブルが起きているのも事実。
夜中に人通りの少ない道を歩かない、ビーチボーイなどの誘いに乗らないなど基本的なことに注意するようにしましょう。

また、バリはテロのイメージなどから治安が良くないと思っている人も多いかもしれません。
外務省が発表している「海外安全ホームページ」においてバリ(インドネシア全域)は「レベル1(十分注意してください)」という指示がでています。

政府主導でテロ対策に力を入れていたり、観光産業による島の発展を重要視しているホテル・リゾート施設が積極的に治安の改善に取り組んでいるため、インドネシアの中でもバリは比較的安全といえるようですが、夜は危険な地域もありますので十分注意するようにしましょう。

グアム、ハワイは安全。バリは少し注意が必要

治安情勢

グアム
★★★
ハワイ
★★★
バリ
★★

結論:子連れには気軽に行けるグアムがおすすめ!

魅力的なビーチリゾート「グアム」「ハワイ」「バリ」。
どこに行っても青い空の下、のんびり海やプールで遊べることに変わりはありません。

でもやっぱり子連れで行く場合「近い」というのは一番の魅力。
日本から3時間で行けるグアムなら、2~3泊程度でも気軽に行こうという気持ちになりますよね。

また、グアムはホテルからビーチまでも近く、しかも白浜なので海がとても綺麗なのもポイントが高いです。
さらに旅費も安く、医療施設もOK、治安も良し。

長期の休み、家族で初めての海外旅行にはグアムがオススメです!

グアムハワイバリ
時差 1時間 19時間 1時間
渡航時間
3~4時間

行き6~7時間
帰り9時間程度

7~8時間
物価(現地費用)
ツアー代
子供向け充実度
治安
この記事のライター
ライター
200%グアム!

グアムが好きな日本在住ライターです。
旅行者の目線で現地の楽しい情報を伝えたいと思っています。

200%グアム!(ライターブログ)
https://guam.200per.net/

おすすめ記事一覧
ばらまきにおすすめ!もらった人が喜ぶグアムの定番お土産10選
ばらまきにおすすめ!もらった人が喜ぶグアムの定番お土産10選
INFORMATION
知っていて損はない!緊急時に役立つ市販薬をご紹介
知っていて損はない!緊急時に役立つ市販薬をご紹介
INFORMATION
グアム初心者でも安心!気温に合わせた服装と便利なお役立ちアイテムをご紹介
グアム初心者でも安心!気温に合わせた服装と便利なお役立ちアイ...
INFORMATION

Who are you going with ?

グアム旅行に誰といく?

家族
FAMILY
友達
FRIENDS
恋人
PARTNER