1. トップ
  2. MEET GUAM
  3. 「知る」の記事一覧
  4. グアム初心者でも安心!気温に合わせた服装と便利なお役立ちアイテムをご紹介
  • INFORMATION

グアム初心者でも安心!気温に合わせた服装と便利なお役立ちアイテムをご紹介

ライター
寅ママ(とらまま)
家族
友達
恋人

グアムは、日本から飛行機で3時間半ほどで到着する常夏の楽園。
時差もたった1時間!そのため、短い日程でもどの季節でも南国を味わえる海外旅行先として大人気です。

では、南の楽園はどんなお天気で、どんな服装で過ごしたら良いか調べてみましょう。

グアムの気候について

20180625_001.png

ウィキペディア・グアム気候より
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%A0

グアムは、海洋性亜熱帯気候(例えると、一年中真夏!一年を通し温度差がほとんど無く、心地よい海風が毎日吹いていて、スコールと言われる突発的な雨がきます!)で、赤道の少し上に位置します。

気温は一年を通して26度前後なので、1年中海水浴が楽しめます。湿度も常に70%を超えています。
海風が涼しく過ごしやすいため油断することも多いですが、日本の何倍も紫外線量がありますのでご注意ください。

季節を分けるとすると、「雨季」「乾季」の2つしかありません。

雨季

雨季はだいたい6月から10月

雨という字が入っているので、日本の気候に照らし合わせて「梅雨」と勘違いする人もいますが、梅雨とは全く違い、基本は晴れています

ただ、1日のうちの島のどこかで、スコールと呼ばれる突発的な大雨が数十分数キロにわたって降っていることが多いので、雨季と言われます。
雨季の天気予報はあてになりません。島のどこかでスコールが起こっているので、必ず雨マークがついてしまうからです。

実際、下記の雨データのように、この時期のミクロネシアのところどころで雨が降っています。(黄色や赤色の部分が今現在スコールが起きている場所です。)

20180625_002.png

そして、それ以外の場所は炎天下であることが多いです。湿度は80%を超える日も多いです。また、雨季には台風も多く来ます。
日本にくる台風と違い、グアムのすぐそばに台風が発生するため、竜巻のような激しい強さで風が吹く状態のものが多いです。そして、あっという間に去っていきます

乾季

乾季は、だいたい11月から5月。気温は雨季とほとんど変わりません。

海風がかなり強く吹き、スコールの回数が極端に減るため、海風でこすれあった木々の葉が強い太陽の光にあおられ、山火事が多発する時期でもあります。
スコールが少し来ただけでは焼け石に水状態。他の国々は冬といわれる季節ですが、グアムは常夏状態でギラギラと暑い冬をすごしているのです。

おすすめの服装

では、日本からは全く想像ができないこの二つの季節をもつグアムで、おすすめの服装を紹介します!

まずは、この気候で生活している地元の人たちの服装を見てみましょう。

20180625_003.png

短パンにキャミソールという人たちも多いです。
お洒落に胸元や肩をだしたワンピースを着ている人たちもいます。お店でも、グアムにぴったりな洋服が飾られているのでイメージしやすいかもしれません。

20180625_004.jpg

トップス

Tシャツや、涼しげなキャミソール、肩などがでる洋服を着ていることが多いです。
少しでも涼しく過ごそうという格好が多いのが特徴です。
肩や、胸元など大きく開いている洋服でも、マナー違反にはなりません。

お洒落に着こなして、南国ならではの気候を地元の人たちと同じように楽しみましょう。

ボトムス

ズボンやスカートも同じように、短めのものや薄手のものを利用する人たちが多いです。
着ていて涼しい、白っぽい色のものも人気があります。

ただし、ボトムスには注意点があります。
お尻より下の部分が極端に見えることは、ビーチやプール以外では「マナー違反」、「ダサい」と見なされることが多いのです。

レストランやショッピングモールなど、場所によっては笑われることもあるので気をつけましょう。
レストランなどでビキニの水着で歩くことだけは避けてください。ショートパンツなどは大丈夫です。

透け感のあるものでもきちんと巻いていれば大丈夫です。パレオなどお洒落に巻いて過ごすのも素敵ですよ。

足元は、歩きやすいスニーカーもよく利用する人もいますが、湿度が高いので、スニーカーには靴下が必須です。

20180625_005.jpg

また、突然のスコールで足元が水浸しということも起こります。濡れてもすぐに乾く靴がおすすめです。

20180625_006.jpg

サンダルはグアムでは必須です。脱げにくく、履き慣れたサンダルがあるといいでしょう。
サンダルは、グアムのKマート、メイシーズなど、どこにでもたくさん売っていますので必要でしたらすぐに購入も可能です。

20180625_007.jpg

あると便利なファッションアイテム

薄手の羽織もの(ジャケットなど)

日本とは比べ物にならないほど強い日差しが降り注いでいるグアム。肌に直接当たると、痛いほどです。

そのため、ビーチなどでも、ヤケドを防ぐため、薄手の長袖を利用する地元の人たちも多いです。
特に、他の国から来た旅行者のみなさんは初めの1日だけでも、長袖を利用してプールや海に入ることをおすすめします。
初めに一気に強い日差しを浴びると、発熱する人も多くいます。一日羽織っておくだけで、あとの旅行がより一層楽しくなるでしょう。

また、一年中暑いため、スーパーなどでは生鮮食品を守るため、冷房が強く掛かっています。
モールやホテルなども強めに冷房が設定されていることもあり、非常に寒いです。
薄手の軽いジャケットをバックの中に入れておくことをおすすめします。

グアムでも長袖は売っていますが、到着してすぐに送迎バスやホテルで冷房対策のジャケットが必要になります。日本から1枚準備して持ってくるとよいでしょう。

20180625_008.jpg

特に、シースルーの羽織ものなどはバックの中に小さくまとめられるのでおすすめです。

日傘

グアムでは日傘や傘をほとんど見かけません。日本人と肌の強さも違いますし、風で強く飛ばされる可能性も高いためです。

一方で、旅行者はバスを待つ時間や、ビーチでゆっくりと過ごす時間など、日傘があると便利な時間もあるようです。
肌の弱い人は、日本から持参するとよいでしょう。

サングラス

非常に日差しが強く、目も日焼けをします。地元の人たちも常にサングラスを利用しているくらいです。
地元のお店でもたくさん売っていますので、グアムで購入するのもよいでしょう。

帽子

グアムでとても使いやすいのが帽子です。

ただし、風が強いのである程度しっかりとフィットした形のものがよいでしょう。また、つばは広いほうが好ましいです。
風が涼しいので、つばの広い帽子をかぶるだけでも体感温度が下がります。

自分らしい、素敵な夏のファッションでグアムを散歩してくださいね。

グアムで購入できるおススメのショップについて

Kmart Kマート

20180625_009.jpg

カジュアルで、安い洋服がたくさん並んでいます。

20180625_010.jpg

サイズも豊富で、デザインもたくさんあります。

■関連記事人気のあるおみやげは何?グアム「Kマート」をリサーチ

macy's メイシーズ(マイクロネシアモール内)

お洒落なブランド物などがたくさん並んでいます。

20180625_011.jpg

こちらも、日本で買うより値段がぐっと安くなっています。

Ross ロスドレスフォーレス(マイクロネシアモール内・グアムプレミアムアウトレットモール内)

20180625_012.png

アウトレット専門店です。とにかく安い!

どんなものと出会えるのかは運次第。レジが込みますので、時間があるときに買いに行くのがよいでしょう。
どのお店もアメリカらしいデザインのものが多く、グアムにいる間、あなたを素敵に着飾ってくれると思います。

■関連記事「ROSS」マジックにご注意! 破格のお値段でお買い物ができるアウトレット

グアムの気候を利用して、快適で素敵な着こなしを楽しんでくださいね。

この記事のライター
ライター
寅ママ(とらまま)

グアム在住。男の子二人を現地の学校に通わせながら、犬2匹とともにグアムにどっぷりつかって生活しています。肌のことを考えた人用・犬用のグアム産石鹸製造をしています。そんな毎日は「寅ママグアムブログ」にて公開しています。

おすすめ記事一覧
「ROSS」マジックにご注意!破格のお値段でお買い物ができるアウトレット
「ROSS」マジックにご注意!破格のお値段でお買い物ができる...
TOURISM
人気のあるおみやげは何?グアム「Kマート」をリサーチ
人気のあるおみやげは何?グアム「Kマート」をリサーチ
TOURISM

Who are you going with ?

グアム旅行に誰といく?

家族
FAMILY
友達
FRIENDS
恋人
PARTNER