1. トップ
  2. MEET GUAM
  3. 「遊ぶ」の記事一覧
  4. グアムはシュノーケリング天国!子供と一緒に楽しめるスポット紹介
  • ACTIVITY

グアムはシュノーケリング天国!子供と一緒に楽しめるスポット紹介

ライター
200%グアム!
家族
友達
恋人

海を楽しむアクティビティとしてみなさんは、何を思い浮かべますか?

バナナボートやジェットスキーもありますが、気軽に楽しめるシュノーケリングを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

実は、グアムの海はシュノーケリングスポットがたくさんあるのです!
そこで本日は、浅瀬のビーチなら子供(※2歳から参加できるツアーあり)と一緒にも楽しむこともできるオススメのシュノーケリングスポットを紹介します!

無料で楽しめるグアムのシュノーケリングおすすめスポット

グアムでは公共のビーチ(パブリックビーチ)でも十分シュノーケリングを楽しむことができます。

特にタモン地区のパブリックビーチは浅瀬が続いているため、子供と一緒でも遊びやすくておすすめです。

浅瀬にはサンゴがあり、その周りには熱帯魚がたくさん泳いでいるので、シュノーケリングに最適です。

イパオビーチ

20180903_002.jpg

グアムのパブリックビーチの中で一番おすすめしたいのがイパオビーチ。
ヒルトンホテルとPICホテルの間に位置するビーチです。

イパオビーチはタモンビーチと比べて水の透明度が高く、魚も多いのでシュノーケリングに最適です。

さらにビーチパークにはシャワー・トイレも完備されており、ライフガードもいるので安心してシュノーケリングを楽しむことができます。

また、屋根のあるスポットもあるので日陰で休憩できるのもありがたいですね。
ビーチ前の芝生には子供用の遊具もあるので、海に飽きてしまったとしても楽しめます。

タモンビーチ

20180903_003.jpg

多くのホテルからアクセス抜群のタモンビーチ。
グアムの中心街近くにあるので、気軽に楽しみたいと思っている人には一番便利なビーチです。

人が多いので水の透明度は少し落ちますが、それでも十分にシュノーケリングを楽しむことができます。

タモンビーチも浅瀬が続いているので、子供と一緒でも安心
特に砂浜ギリギリのところにも小さな魚が泳いでおり、海に潜れないお子さんでも肉眼で確認することができるのは嬉しいポイントですね。

また、ビーチからホテルに戻りやすいというのも、ファミリーにとっては重要でしょう。
中心街に近いビーチなので、宿泊ホテルによってはロビーからビーチに直結していることもあります。

ガンビーチ

20180903_004.jpg

ニッコーホテル前のガンビーチもシュノーケリングにぴったり。
サンゴも多いため、多くの熱帯魚に出会うことができます。

ガンビーチには「ザ・ビーチ」というレストランがあり、ビーチ遊びの途中でランチ休憩できるのもオススメポイント。

ただしイパオビーチやタモンビーチに比べると人が少なく、治安の面で少し不安という声もあります。
レストランができたおかげで人も増えたこともあり、あまり心配する必要はなくなっているとも言われますが、十分に注意したいところです。

オプショナルツアーで楽しむグアムのシュノーケリング

パブリックビーチよりももっとキレイな海でシュノーケリングを楽しみたい人はオプショナルツアーに参加するのもおすすめです。

フィッシュアイマリンパークのボムホール

20180903_005.jpg

タモンから少し離れたところにあるピティ湾で楽しむシュノーケリング。
ガイドと一緒にシュノーケリングをするので全然魚が見られなかったなんて心配は無用です。

また、魚の近くではエサやり体験も可能。

ただし、先ほど紹介したパブリックビーチとは違って浅瀬ではないので、泳げない方にはツライかもしれません。
泳げるようになった小学生くらいのお子様より上の方向け・・・と言えるかもしれません。

料金はシュノーケリングだけのコースで大人$36、子供(6-11歳)$18となっています。

ココス島

20180903_006.jpg

グアムの離島であるココス島。
水の透明度は抜群です。

シュノーケリング以外のマリンアクティビティや自然を満喫するネイチャーアクティビティの体験もでき、「とにかく1日中遊びたい!」と思っている方には特におすすめのオプショナルツアー。

ボートで沖に出て行うため、フィッシュアイマリンパーク同様、泳げない小さなお子様連れにはちょっと厳しいかもしれません。

ただし、そのぶん出会える熱帯魚の数はとても多く、浅瀬のビーチとは違った体験をすることができるでしょう。

料金は基本コースで大人$89、子供(2-11歳)$45。
少し高額に感じるかもしれませんが、1日遊べる点とランチ・ドリンク付き、そして抜群の透明度を誇る海でのシュノーケリングと考えれば、それだけの価値を感じられると思います。(※体験するアクティビティによって料金が加算されます)

グアムで見ることができる魚

20180903_007.jpg

グアムのビーチではたくさんの魚を見ることができます。
パブリックビーチでも頑張ってよ~く探せば、人気の「カクレクマノミ」に出会えることも

タモンビーチやイパオビーチの浅瀬ではサヨリの仲間や、デバスズメダイをたくさん見かけます。
カラフルな魚ではないので、ちょっと面白みには欠けるかもしれませんね。

それでも、高確率で出会えるシマシマ模様(モノクロ)のミスジリュウキュウスズメダイなんかは可愛くてずっと眺めていられます。

20180903_008.jpg

カラフルな魚だと、コバルトブルーに黄色い尾びれのクジャクスズメダイや目元が青いムラサメモンガラというカワハギの仲間にも出会える確率が高いです。

20180903_009.jpg

グアムの海には300種類を超えるサンゴ、950種類の魚がいるそうなのでじっくり探してみるのも面白いかもしれませんね。

シュノーケリングに必要なグッズ

20180903_010.jpg

シュノーケリングに欠かせないのは水中マスクとシュノーケルです。

日本から準備していくのもよいですが、現地のABCストアやKマートなどで安価に購入することもできます。

もしオプショナルツアーに参加するのであれば、ツアー代に水中マスクとシュノーケルのレンタルが含まれていることがほとんどなので準備する必要はないでしょう。

さいごに

いかがでしたか?

本日の情報をもとに、ぜひ楽しく安全にシュノーケリングを楽しんでください!

この記事のライター
ライター
200%グアム!

グアムが好きな日本在住ライターです。
旅行者の目線で現地の楽しい情報を伝えたいと思っています。

200%グアム!(ライターブログ)
https://guam.200per.net/

おすすめ記事一覧
お子様におすすめ!この時期のグアムは夏限定キャンペーンが目白押しです
お子様におすすめ!この時期のグアムは夏限定キャンペーンが目白...
ACTIVITY
子どもや赤ちゃんと一緒に楽しめる!グアムでおすすめのオプショナルツアー
子どもや赤ちゃんと一緒に楽しめる!グアムでおすすめのオプショ...
ACTIVITY
子連れグアムにおすすめ!お買い物の合間に遊べるインドアプレイグラウンド
子連れグアムにおすすめ!お買い物の合間に遊べるインドアプレイ...
ACTIVITY

Who are you going with ?

グアム旅行に誰といく?

家族
FAMILY
友達
FRIENDS
恋人
PARTNER