1. トップ
  2. MEET GUAM
  3. 「遊ぶ」の記事一覧
  4. グアムでサーフィンを楽しもう!おすすめサーフポイントを紹介
  • ACTIVITY

グアムでサーフィンを楽しもう!おすすめサーフポイントを紹介

ライター
寅ママ(とらまま)
家族
友達
恋人

グアムといえば、日本からたった3時間ほどで到着する1年中常夏の島。

西はコバルトブルーのフィリピン海、東はマリンブルーの太平洋。さんご礁に囲まれた白いビーチがすぐそこにあります。

そして実は、グアムはサーフィンの穴場なのを知っていましたか?

本日は、グアムの海を楽しむ方法を紹介します!

グアムでサーフィンを楽しむ方法

グアムは、さんご礁で囲まれているため、サーフィンポイントの多くはビーチではなく岩棚で割れるアウターリーフです。

さんご礁などで底が浅く、潮が満ちたとき、引いたときに沖で割れるポイントを狙っていく必要があり、サーフポイントのレベルとしては、中級・上級者向けとなっています。

では、グアムの海を楽しむ具体的な方法を2つ見ていきましょう。

1.サーフショップでローカルガイドを頼む

グアムには「LOTAS SURF」ロータスサーフというサーフショップがあり、ローカルガイドを有料で頼むことが可能です。

問い合わせは英語のみ(ローカルガイドは、日本語韓国語で会話可能)

20180827_002.jpg20180827_003.jpg

レンタル商品も品数多く、グアムでは必須な「リーフブーツ」もしっかりとそろっています。

20180827_004.jpg

ローカルガイドがいれば、潮の満ち引き、うねりなど全てお任せでき、貴重な旅行時間を有効にサーフィンに使うことができます。

2.自力で旅行者が受け入れてもらえるポイントに行く

グアムでローカルサーファーに旅行者が受け入れてもらえそうなポイントは2箇所です。

・シェラトングアムリゾートの敷地内を通り過ぎ、崖の下にある「リックス」

20180827_005.jpg

こちらは、リーフシューズが必要です。もし、厚手の長袖ラッシュガード、または薄手のウエットスーツでタッパーなどがあれば、着用したほうがもしものときの上半身の怪我を防ぐことができるでしょう。

・グアムの南部にあるタロフォフォ湾のビーチポイント「タロフォフォベイ」

ここは、グアムのサーフポイントで唯一のビーチポイントになります。太平洋側になるため、風波がたつこともあります。

通常は波がないビーチですので、地元のサーファー達に情報をもらいましょう。

「LOTAS SURF」ロータスサーフ

営業時間10:00~22:00

HP https://lotussurfshop.com/

サップヨガスクールも開催中。 サーフィン、SUP, ボディーボードレッスンスクール開催中。料金一人99ドルで、2.5時間ほど。レベル問わず。インストラクターはCPRとISAの免許取得者。

サーフガイドサービスパッケージにはブーツを含むサーフ道具一式が含まれています。 申し込みは24時間前まで。天候や技量によりサーフロケーションは変更あり。

サーフガイドサービスには、TUMON内ホテルからサーフスポットまでの送迎を含みます。

グアムでサップを楽しむ方法

20180827_006.jpeg

グアムでは今、サーフィンとともに、サップが大人気です!

サップとは、浮力のあるボードに乗って、オールを漕いで水面の移動を楽しむスポーツです。

注意が必要なのは、ビーチにたくさんの人がいる観光地です。周囲の人に怪我をさせないよう、サップをするときに配慮が必要となります。

そこで、安心してグアムでサップを楽しむ方法を調べました。

1.サップ専門店を利用し海を楽しむ

グアムのサップ専門店「SURF AND WORK(サーフアンドワーク)」でレンタルサップができます。

20180827_007.jpg

このお店は英語のHPやフェイスブックがありますが、日本語対応してくれるお店です。

質問や、予約など日本語で書き込んで大丈夫なのがとてもありがたいです。

事前に連絡をして時間など予約しておけば、店頭でも日本人スタッフさんの対応が可能です。

20180827_008.jpg

上級者向けのボードから、最近特に人気のある「インフレータブルパドルボード」もあり、初級者でも楽しめます。

20180827_009.jpg

そして、このショップの目の前は美しいアガニャ湾

アガニャ湾では、ビーチで泳いでいる人はローカルのみで、サップをしても接触することは滅多にありません。

20180827_010.jpg

ここでしたら、2時間のレンタル時間、自由に乗りこなせます。それもお店の目の前で歩いてすぐです!

2.自力でサップを楽しむ

道具が非常に大きいですが、空気を抜くことで小さく持ち運べるサップボード。

グアムへ持ち込むには、日本航空もユナイティッド航空も、指定の料金を払うと持ち込むことができます。

タムニングのビーチは、沢山の旅行者が海水浴をしており接触の危険があるため、おススメなのは、アガニャ湾です。

無料の駐車スペースも湾沿いに多く、自由に海に入っていくことが可能です。レンタカーの場合、車の中が見えやすいので、貴重品はホテルに置いてくると安全です。

グアムの海を楽しむための注意点

20180827_011.jpg

地元の人たちと会話を楽しむ

カタコト英語でも大丈夫なので、自分から挨拶をしてみましょう。

グアムの人たちは、話しかけられるととても喜びますし、親切に教えてくれることも多いです。

ときには、イライラした人もいるかもしれませんが、それは運が悪かったということで、だいたいは、一生懸命英語を聞き取ってくれようとします。

潮の満ち引きが重要なサーフィンは、ローカルの人たちの情報が、海を楽しむためにはとても貴重です。ぜひぜひ、声をかけて、自分も挑戦してみたい!といってみましょう。

リーフシューズなど怪我をしないよう万全の準備する

グアムの海は、入るとすぐにさんご礁です。リーフシューズなどを完備して怪我対策を万全にしましょう。

仲良くなった地元の人に、迷惑をかけないためにも怪我を事前に防げるようにしたいですね。

地元の人から注意をうけたら、とにかく海から上がる

グアムは非常に細かな海の規則があります。

知らぬ間に暗黙のルールを犯している可能性もあるため、地元の人から上がるように言われたら、とにかくもめずに速やかに上がるほうが安全です。

もし、理由もなく上がるように言われたとしても、美しい島に誇りを持っている地元の人の何かに触れたのかもしれませんので、そこは尊重して譲ってあげてください。

何度もグアムを訪れ、海で会うようになれば、きっと仲間のように接してくれるようになるでしょう。

さいごに

いかがでしたか?

グアムでサーフィン・サップを楽しむための基礎知識とおすすめスポットを紹介しました。

本日の情報を参考に、ぜひグアムの海を楽しんでくださいね!

この記事のライター
ライター
寅ママ(とらまま)

グアム在住。男の子二人を現地の学校に通わせながら、犬2匹とともにグアムにどっぷりつかって生活しています。肌のことを考えた人用・犬用のグアム産石鹸製造をしています。そんな毎日は「寅ママグアムブログ」にて公開しています。

おすすめ記事一覧
お子様におすすめ!この時期のグアムは夏限定キャンペーンが目白押しです
お子様におすすめ!この時期のグアムは夏限定キャンペーンが目白...
ACTIVITY
子どもや赤ちゃんと一緒に楽しめる!グアムでおすすめのオプショナルツアー
子どもや赤ちゃんと一緒に楽しめる!グアムでおすすめのオプショ...
ACTIVITY
子連れグアムにおすすめ!お買い物の合間に遊べるインドアプレイグラウンド
子連れグアムにおすすめ!お買い物の合間に遊べるインドアプレイ...
ACTIVITY

Who are you going with ?

グアム旅行に誰といく?

家族
FAMILY
友達
FRIENDS
恋人
PARTNER