1. トップ
  2. MEET GUAM
  3. 「知る」の記事一覧
  4. もっと自由なグアム旅行にはレンタカー!安心安全に運転するための基本情報
  • INFORMATION

もっと自由なグアム旅行にはレンタカー!
安心安全に運転するための基本情報

ライター
桃井智子
家族
友達
恋人

グアムの総面積は544㎢。淡路島よりひと回り小さなサイズです。
現在、ここグアムには公共の乗り物はなく、流しのタクシーもありません。観光客向けの有料シャトルバスが、主要ホテルからショッピングモール、観光地の恋人岬、朝市やナイトマーケットなどへ運行していますが、時間やコースが限定されてしまいます。また、空港やホテルで待機しているタクシーは割高で、スーツケースの数により追加料金になる場合もあります。

そこでおすすめなのがレンタカー。日本と違い右側通行ですが、道が広く地元の人たちの運転マナーも良好。アメリカ本土や他の国で運転するよりもずっと気楽にトライできます。時間もお金も有効活用できるレンタカーで、グアムを100%満喫しましょう!

レンタカー手続きの際の必須アイテム

□ 日本の運転免許証
□ クレジットカード
□ パスポート
□ 予約確認書(事前にインターネット予約した場合)

20180322_001.jpg

グアムでは日本の運転免許証があれば、国際免許証がなくてもレンタカーを借りてのドライブが可能です。ただし年齢は21歳以上、期間は30日以内と決められています。

また、借りる際に身分を証明するため、クレジットカードとパスポートが必須となります。事前にインターネット決済が済んでいてその場で支払いしない場合でも、クレジットカードは提示が必要です。忘れずに持って行きましょう。

レンタカーは事前予約がオススメ

もちろん現地でもレンタカーを借りられますが、日程や混雑具合によっては希望の車種が出払っている場合も。また、現地のカウンターは手続きに時間がかかってしまうこともあります。日本からインターネットで事前予約するのが確実で安心です。

20180322_002.jpg

日本で有名なレンタカー会社のほとんどはグアムにも拠点があり、日本語サイトから予約ができます。使い慣れている、マイルが貯められるなど、条件にあったレンタカー会社が選べるのもグアムの良いところ。

乗り慣れた車種があれば良いですが無い場合、比較的コンパクトな車種が日本人には慣れていて運転しやすいと思います。ただ、あまり小さいと荷物を詰めなくなってしまいます。乗車人数や持っていくスーツケース、現地での買い物を想定して車種を選ぶと良いでしょう。

レンタカーの借り方・返し方

予約した場合も、現地で直接借りる場合も、カウンターに立ち寄り契約書へのサインが必要となります。インターネットで事前予約した場合はバウチャー(予約確認書)を忘れずに。

空港にて

20180322_003.png

空港の到着ロビーには、ハーツ、バジェット、ニッサン、ナショナルなど、主要レンタカー会社のカウンターが並び、日本語が通じます。年末年始、GW、お盆などのハイシーズン以外は予約なしでもOKですが、インターネットでの事前予約が安心かつリーズナブル。

空港で手続きをし、空港駐車場で車を受け取るシステムで、24時間利用可能です。自身でホテルに向かえるので、時間に無駄なくチェックインできるのも利点です。

空港周辺にて

20180322_004.png

トヨタ、ペイレス、スリフティ、エンタープライズなどの一部のレンタカーは空港の周辺にオフィスがあります。到着後、空港内の到着ロビーにあるウェルカムセンター*1で電話を借り、送迎を依頼。通常10分前後で送迎車が来て、オフィスにて手続きを行ない、車を受け取ります。基本的に空港内のレンタカーよりも安価で、インターネットで事前予約するとさらに割安です。ただし、深夜の受付けは不可なところもあります。基本的に日本語でのやりとりは可能です。

*1 到着口の正面に旅行会社カウンターが並び、真ん中にウェルカムセンターがあります。

ホテルにて

主要ホテルには館内にレンタカー会社のカウンターがあります。ホテル到着後、早めに予約や相談がベター。日本語も可能で、自分の宿泊先で手続きと受け取りができる気楽さがあります。なお、空港乗り捨てについては、追加料金が必要となる場合もあるので要注意。

グアムでの運転時の注意点

20180322_005.png頭の中を左ハンドル右側通行に切り替える為先ず慣らし運転で

交通量が少ないグアムでは、日本と反対の右側通行左ハンドルでも比較的気軽に走行可能といわれています。

制限速度と一時停止の標識・道路標示をしっかり守ること。この点に注意して1時間ほどドライブすれば、すぐに慣れると思います。とはいえ、やはり外国。ここでは、グアムで運転する際に特に注意してほしいことを紹介します。注意点やルールを守って、安全なグアムドライブを楽しみましょう。

速度表記がマイル

車の速度計や、道路標識はキロ表記ではなく、マイル表記となっています。キロ表記と勘違いして運転すると、大変なスピードを出してしまう可能性があるので、気をつけて下さい。なお、キロからマイルの換算は以下のとおり。

1マイル=1.609344キロメートル

時速60km=37.5マイル、時速100km=60マイルほどと覚えておくと、スピードの目安になるでしょう。グアムの制限速度は市街地で時速15マイルから25マイル(約24kmから40km)、 郊外で時速35マイル(約56km)です。

信号に関係なく右折が可能

とくに右折は、信号に関係なく道路状況を見て進む、アメリカ方式を採用しているので注意が必要です。信号が青に変わるのを待っていると後続車にクラクションを鳴らされます。

左折をする時は、基本的に「左折専用レーン」があるので、早めにレーン変更しておくと安心です。大きな道路では、左折専用レーンは道路の真ん中にある場合も。この、通称イエローレーンは走行車線では無いため、直進すると大変危険なので気をつけましょう

ロータリー「ラウンドアバウト」は要注意

日本では旭川や豊岡などの数カ所にしかないロータリー「ラウンドアバウト」は、多くの日本人が不慣れなシステム。円形に交差するラウンドアバウト内を時計回りとは逆に円滑に走行します。

走行中の車が優先で、その状況を見て合流します。そして、目指す方向で道を外れます。まずは交通量が少ない午後を見計らって、慣らすのもいいかもしれません。

その他、覚えておきたいルール

アメリカの法律に基づき12歳以下の子どもだけを車内に放置した場合、法的処罰の対象となります。子連れグアム旅行の際はくれぐれもお気をつけください。

また、日本同様に飲酒運転は絶対禁止。また、運転中の携帯電話の利用も禁止です。違反すると罰金となるので気をつけてください。

シートベルト・チャイルドシートの着用も必須です。法律で義務付けられているので乗車時は必ず着用するようにしましょう。

グアムの道路標識

進入禁止サイン

20180322_006.pngDo Not Enter



許可者以外駐車禁止

20180322_007.png許可車両以外が駐車すると高額な罰金が処されます

その他の主要な道路標識

YIELD(イールド):前方優先道路
STOP(ストップ):一時停止
ONEWAY(ワンウェイ):一方通行
NO RIGHT TURN(ノーライトターン):右折禁止
NO LEFT TURN(ノーレフトターン):左折禁止
NO TURN ON RED(ノーターンオンレッド):赤信号での右折禁止

グアムでの給油

レンタカー返却時や、複数日レンタカーを借りた場合など、必ず給油する機会が訪れるはず。その際に焦らないよう、事前にガソリンの入れ方を知っておきましょう。

20180322_008.jpg

ガソリンスタンドについて

グアム島内にはガソリンスタンドが豊富にあり、給油する場所に困ることはありません。

支払いにはクレジットカードと現金払いのいずれも利用できますが、現金払いの場合は車を停めたらスタッフのいるカウンターに行き、給油機の番号といくら分給油したいかを伝えて前払いする必要があります。(前払い金より先に満タンになった場合は、お釣りをもらえます。)

クレジットカードは日本同様、給油が完了した後にかかった分の料金を請求されます。

ガソリンの種類

ガソリンの種類は日本同様、レギュラー・ハイオク・軽油の3つです。レギュラーガソリンは「Unleaded」ハイオクガソリンは「Premium Unleaded」軽油は「Diesel」と表記されています。

通常レンタカーの車種は「Unleaded」のことが多いですが、借りる際に確認しておくようにしましょう。

ガソリンの入れ方

グアムのあるアメリカのガソリンスタンドは、基本的に日本と同じくセルフタイプです。今回はクレジットカード払いの場合の手順を説明します。

ガソリンの入れ方 手順

  • 1.給油機にクレジットカードを通す
  • 2.車の給油口を開け、該当するガソリンのノズルを差し込む
  • 3.給油機のレバーを上げる
  • 4.日本同様満タンになると自動でストップ
  • 5.ノズルを戻すとレシートが出る
  • 6.給油完了

ワイパーとウインカーが逆で、始めは右左折の時にワイパーを動かしてしまうことも多いですが(笑)、慣れれば自由度の高いレンタカー。恋人岬、渓谷メリッソやリディティアンビーチ等、車だからこそ行ける観光地もたくさんあります。

安全運転を意識して、楽しいグアムドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事のライター
ライター
桃井智子

海外をメインに27年間添乗員として96カ国500回以上の渡航経験を持つ。2009年よりグアム在住。世界中のリゾート公私ともども滞在してきたが日本から気軽に行ける近くて海の綺麗なグアムがお気に入り。米国の離島グアムにて手に入る限りある食材でヘルシーを心がけた創作料理をするのが趣味。海や山に出かけ南国の草花や自然に触れるのが好き。マラソンやヨガ、ウォーキング、マリンスポーツなど楽しみながら時には南欧のリゾートのマダムのようにTPOのお洒落を楽しみレストランでWINE&DINEを満喫。愛猫と二人暮らし。

Who are you going with ?

グアム旅行に誰といく?

家族
FAMILY
友達
FRIENDS
恋人
PARTNER