1. TOP
  2. GUAM Report
  3. 自然と歴史が共存!グアム最大の滝がある「タロフォフォの滝公園」

グアムの旬な情報をお届け!GUAM Report

Powered by Leopalace Resort Guam.

Let's enjoy private guam!!

2017年12月28日 (木)観光情報

自然と歴史が共存!グアム最大の滝がある「タロフォフォの滝公園」

ハッファデイ~!ブロガーりひゃんです。グアム南部と言えば、美しい景色と自然の宝庫。グアム最大の滝「タロフォフォの滝」があるのも、南部方面です。

1.JPG
今回やってきたのは「タロフォフォの滝公園」。同施設は滝やジャングルなどの自然の他に、グアムで実際に起きた戦争の過去や、終戦を知らずに28年間グアムのジャングルに潜伏し続けた、横井庄一さんについても学べます。さっそく中に入ってみましょう!

2.JPG
入口を抜けると、ある日本人男性の写真が大量に展示されています。この方こそが、終戦後グアムの密林に28年間身を潜めて生き延びた横井庄一さんです。左側の絵は、彼が潜伏していた洞穴の模型図です。グアムの温暖な気候が28年間生きることを可能にしたとは言え、やはり想像を絶する過酷な日々だったことでしょう。同施設には、ジャングルの奥に潜伏していた洞穴のレプリカもあります。後ほどご紹介しますね。

3.JPG
まずはミクロネシア唯一のケーブルカーに乗って、滝のあるポイントを目指します。2つの滝で形成されているタロフォフォの滝。第1の滝を上から見下ろしながら進んで行きます。

4.JPG
ケーブルカーを降りると、目の前に第2の滝が広がっています。第2の滝は、周囲をゆっくりと歩きながら見ることができます。

5.JPG
滝の正面にやってきました。左側に見える吊り橋を渡って川を越え、ぐるーっと滝を一周できるようになっています。サイドから見る滝は結構迫力がありますよ!この時はちょうど雨季で雨が多かったので、川の水が茶色く濁っています。乾季に訪れると、川の魚を目視できるくらい水がキレイになるので、また違った景色が見られます。

6.JPG
滝を堪能した後はハイキング!歩道があるとはいえ『もののけ姫』を思わせる大自然で、今にもこだまが出てきそう。よ~く周囲を観察してみると、まだ育つ前のココナッツの木やバナナの木、色とりどりのお花が咲いているなど、様々な発見があります。約200メートルのハイキングをしながら、あるポイントを目指します。

7.JPG
到着!冒頭で話した、横井庄一さんが潜伏していた洞穴。こちらはレプリカで、本物はもっと奥の木々が生い茂ったジャングルにあるそうです。ここに辿り着くまでのたった数分のハイキングでも暑かったので、28年間ジャングルの中で生き延びた横井さんは、やっぱりすごい!と実感しました。自然と戦争の歴史を、肌で感じることのできる「タロフォフォの滝公園」。南部を訪れた際は、ぜひ行ってみてくださいね。


<インフォメーション>
■タロフォフォの滝公園
住所:Talofofo Falls Santa Rita Guam
営業時間:9時30分~17時30分
定休日:なし
電話番号:671-828-1150
料金:大人20ドル、子ども8ドル、3歳以下無料

タロフォフォの滝を360°VRツアーで体験!

私の“プライベートリゾート”

おすすめ宿泊プラン

top

レオパレスリゾート公式SNS

ご予約・アクセス

0120-729-021

営業時間 / 09:30〜17:30 定休日 / 土・日・祝

住所 / Leopalace Resort Guam 221 LAKE VIEW DRIVE YONA, GUAM 96915-6002現地TEL / 1-671-471-0001